外壁塗装をdiyで行う方法や手順等の詳細について

MENU

外壁塗装をdiyで行う方法や手順等の詳細について

外壁塗装をdiyで行う方法や手順等の詳細について

一戸建て住宅に住んでいる方で、外壁がモルタルやサイディングで作られているような物件では、定期的に塗り替えリフォームを行うことが必要とされています。サイディングの中には再塗装を必要としない素材もありますが、一般的なタイプの場合では表面に塗料が塗られているために、経年劣化を起こしやすい素材として見ることができます。

 

このような資材の場合では、下地そのものを守るために施工する内容や、隙間ができてしまったり、穴が開いてしまう現象、モルタルの場合では亀裂が入ってしまう現象などが起こりやすいので、下地を整えてから塗装を施す方法で、外壁を守ることができます。

 

劣化状態が進んでしまった場合では、住宅内部に雨漏りが起きてしまうことも決して珍しいことではありません。雨漏りが起きてしまった場合では、内壁は勿論のこと、土台部分の基礎になる木材等を腐食させてしまう可能性も否定できないので、常にメンテナンスを行うことが大切な場所です。

 

実際に塗装を進めるときは

 

塗装を行う方法としては、一戸建て住宅の場合では一定の壁面積を持っていることになり、2階建て住宅の場合では高い位置にまで壁が設置されていることになります。そのため、通常では専門業者に依頼する方法で塗装を済ませることができ、綺麗で速い施工を行うことができます。

 

しかし、住宅の所有者によってはdiyで自らが施工することを希望している方も多く、経費削減を行い少ない資金で施工することを考えた場合では、大きなメリットを感じることができる方法です。自らが施工する方法に関しては、その手順として足場となる部分を考える必要があります。

 

足場の専門業者に依頼する方法もあり、住宅の周囲を囲むように足場を設置する方法で問題のない施工を進めることができますが、足場代は結構な料金が発生してしまうので、経費削減を行うことを考えている方ならば、長さを持っている脚立や梯子を利用する方法もあります。

 

地面で家族などが支えてくれる環境であれば、安全に作業を行うこともでき、その際には安全ベルトなどを取り付けるとより一層安心です。足場を確保することができたならば、次に洗浄作業を行います。高圧洗浄を行うことが必要なので、ホームセンターなどを利用して事前に高圧洗浄機を購入しておくことが良い方法です。

 

屋外の立ち水栓から水を利用することができるので、壁を綺麗に洗い流す作業をスムーズに行うことはできます。次に下地を整える作業が必要です。モルタルの場合ではひび割れが出来てしまっている場合もあるので、専用のコーキングを利用する方法で解決できます。破損してしまい、割れている部分があれば、パテやモルタルを利用して修復することも欠かせません。

 

サイディングの場合ではシーリング工事を行っている場所があるので、事前に古いシーリングを除去してから、打ち直しを行う方法が一般的です。このような手順を踏んだ場合では、下地調整を済ませることができるので、次の作業として塗装を行うことになります。塗装に関してはできるだけ最初に下地塗料を使うことがおすすめの方法です。

 

ホームセンターでも販売されているものがあり、下地用の塗料を最初に塗ることで、壁と塗料の接着剤のような役割を行うことができるので、塗料を長持ちさせることに貢献できます。塗り方に関しては、高い位置から低い位置へとローラーを用いて塗る方法がベストになり、随時梯子などを移動させながらdiy作業を進めることが肝心です。

 

完全に下塗り用の塗料が乾燥した場合では、次に中塗りを行うことが一般的です。中塗りに関しては、希望しているカラーリングの塗料を使うことになりますが、事前にホームセンターで高品質のものを選ぶことで失敗を防ぐことができます。

 

シリコン塗料やフッ素塗料などが販売されているので、気に入ったカラーのものを必要とされている分量だけ購入することが必要です。中塗りを済ませた場合では、下塗りと同じように完全に乾燥した後に仕上げとして上塗りを行います。

 

この方法で強い塗膜を作り出すことができるので、自主的に済ませる方法でも綺麗に仕上げることは可能です。塗料を使う前には、養生を行うことも勿論大切な作業になり、窓ガラスやドア、換気口など塗料を付着させない場所に関しては、予め養生を行っておく方法で問題の起きない作業を済ませることができます。

 

このような方法を選択した方の場合では、驚くほどの低料金にて施工をすませることができるメリットを感じることができます。専門業者に依頼をした場合では、エアスプレーなどを使って一気に塗り広げることを行っているので、diyの場合では、時間的な部分を考えた場合では、長時間を費やしてしまうことになります。

 

しかし、時間的にも余裕のある方のケースでは、楽しみながら施工を行うことができ、大切な住宅を見違えるようにイメージチェンジを行うことも可能なので、おすすめの施工方法として推奨できます。肝心になることは、良い塗料を使うことを挙げることができ、最低でもウレタン塗料以上のものを使うことも基本的なことです。


関連ページ

多すぎて解らない!?外壁塗装に使う塗料の種類!
自宅が傷んできて、外壁を塗り直そう!そう思った時に、意外にたくさんありすぎて、どうやって選んだらよいか迷ってしまうのが塗料の種類。外壁塗装のいろいろな塗料がある諸事情について解説しています。
外壁塗装の耐用年数の基礎知識
外壁塗装は新築からどれくらい経てば限界がくるの?そろそろ傷んできたかなと思う前に知っておきたい外壁塗装の耐用年数について解説しています。
外壁塗装の必要性とタイミング
外壁塗装にはどんな機能があって、塗られているものなの?ここでは、外壁塗装の装飾機能、家を守る機能や塗装のタイミングなどについて解説しています。
外壁を塗り直したいと思った時にやるべきこと
家の新築から年数が経って、そろそろ外壁が傷んできたかな…そう思った時にまずはやるべきことにどんなものがあるのかについてわかりやすく解説しています。
外壁塗装を塗り直す時期はいつ?
家が古くなって、外壁がいたんで補修が必要になるのはいつくらいなの?ここでは、外壁塗装を塗り直すのは新築やリフォームからどれくらい経ったら必要になるのかを解説しています。
外壁を塗り直しする際に参考となるシミュレーション
外壁が傷んできて、そのままにしておくと家にダメージが与えられるようになり、家の内部を痛めてしまいます。それを防ぐため、外壁を塗り直す際に役立つシミュレーションについてわかりやすく解説しています。