外壁塗装の耐用年数の基礎知識

MENU

外壁塗装の耐用年数の基礎知識

外壁塗装の耐用年数の基礎知識

一般的に、外壁塗装の耐用年数は「約10年」と言われています。しかし、これはあくまで目安の数値であり、実際は外壁の素材や塗料の種類など、さまざまな条件が重なり合って大きく異なる事も多々あります。

 

一応、「参考程度の数字」と思っておかないと、外壁の深刻なダメージうっかり放置したために、建物自体を立て直さなければならない可能性もあるため、非常に危険です。ここでは、外壁塗装の耐用年数に関してしっかりと学んでいきましょう。

 

まず、そもそも耐用年数とは一体何でしょうか?答えは、塗料を外壁に塗ってから、これだけの期間壁を保護してくれますよ、という目安の数値のこと。しかし、これは「10年何もしなくても大丈夫です」というものではなく、「持って最大10年と思っておいて、その期限が近付けば再塗装を意識してくださいね」と認識した方が良いものなのです。つまり、次回の塗装の時期の目安となるものなのです。

 

さて、この10年という数値、さまざまな条件で前後すると述べましたが、より具体的に触れていきたいと思います。年数の主な指標となるのは、「塗料」ではあるのですが、10軒の邸宅で同じ塗料を使用しても、年数には差異ができてしまいます。

 

外壁塗装の持ちを左右するもの

 

まず、条件として挙げられるのが「立地条件」。山側か海側といった違いや、都会と自然の多い場所、といった建物が建っている場所によって大きく異なります。例えば、海側であれば潮風の影響を受けやすく、傷みやすいです。

 

また、都心の場合は排気ガスの影響や、単純に交通量が多いために巻き上がるホコリからの塗装の劣化も十分ありえます。次に「環境」。立地と重なる部分が多いですが、雨・雪など年間の降水量が多いエリアや直射日光を浴びやすい環境、昼夜や年間を通して寒暖の差が激しいエリアであれば、年数は通常環境の邸宅よりも下がる傾向にあります。

 

そして、建物の構造によっても大きく異なります。木造・モルタル壁・サイディング構造など、条件ひとつで寿命が変わってきます。ここに、塗料の種類によって寿命が大きく異なるわけで、建物の材質との組み合わせによっても大きく変わってきます。

 

現在主に使用されているのは4種類で、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素が挙げられます。アクリルよりもウレタン、ウレタンよりもシリコンの方が耐久力が高く、フッ素の寿命が一番長く持ちます。

 

この他の要素として、塗装業者の質も見逃せません。下地処理を怠ると、塗装の寿命は極端に短くなります。また、塗装の量や塗料の濃度によっても寿命は大きく変わります。塗料が勿体ないから薄く塗る、といった悪質な業者も見られ、いわゆる「手抜き工事」をする業者には注意しなければなりません。

 

外壁塗装の時期は何で判断する?

 

さて、次は外壁の塗装の寿命、つまり外壁リフォームの時期を判断する方法を見ていきましょう。実は、素人でも見た目でいくつか判断できます。あからさまな例として、外壁にカビや藻、ヒビ割れや色あせ、剥がれなどが見られたら塗り替えの時期が迫っている兆候です。

 

このあたりは、明らかに「劣化していっているな」と判断できるので難しくありません。ただ、高い場所やどうしても陰に隠れてしまう場所など、目の届かない場所があるため、定期的に専門家に調査してもらうことも必要ですが、目で見える範囲は常に確認しておきましょう。

 

何度も言いますが、あくまでも目安の年数であるため、例えばシリコン塗料を使用していたとしても、7年〜10年持つとは限りません。なので、見た目で判断しておかしいと感じた時点で、調査だけでも良いので依頼するようにしましょう。実は調査だけなら無料、という業者もたくさん存在します。これを利用しない手はありません。

 

気をつけたいのは、業者の中に「独自で開発した、30年間持つ塗装がおすすめです」と営業してくるところがたまにあります。実際のところ、これは詐欺と断言しても構いません。現段階では、30年持つ塗料というもの自体開発されていません。

 

そのため、この「独自製法」を主張する業者は嘘をついているのです。もし気になるなら、どうやって30年持つのか、どんなテストをしたのか聞いてみましょう。大抵が信憑性のない、曖昧な答えしか返ってきません。

 

しかし、なるべくなら塗装を長持ちさせて、できるだけ寿命を延ばしてコストを抑えたいと思うのは人情。そこで、年数を延ばすコツをご紹介します。まずは、腕のある業者に塗装をしっかりと行ってもらうということ。基本的なことと言ってしまえばそれまでですが、塗装の際に下地処理をしっかり施し、塗る回数をきちんと3回行うだけで大違いです。

 

なかなか良い業者を見極めるのは難しいですが、例えば業者が塗装を行う際に見学させてもらう、といった牽制行為は良い影響を与えることが多いです。スケジュール的に厳しければ、依頼の前にご自身が塗装について詳しい事をアピールするのも良いでしょう。塗装に関してしっかり勉強していることをアピールすれば、「いい加減な塗装をしたら後からクレームが来て厄介だな」と思わせることができるでしょう。

 

次に、清掃。カビや藻が生えてきたらすぐに掃除をしましょう。また、ほころびが出そうなら早めに修繕するというのも大切。虫歯などでもそうですが、早めに治療していればコストも痛みも最小限で済みますよね。そして、定期的にメンテナンスをしてもらいましょう。数年に1回程度で構いません。思わぬほころびを発見してもらえたらしめたものです。

 

日頃から気にかけておき、定期的に診断してもらう、という点においては人間の身体と一緒ですね。少しでも異常が見られたら早めに相談しましょう。ご家族を守る、大事な家の健康を常に管理しておいてくださいね。

 


関連ページ

多すぎて解らない!?外壁塗装に使う塗料の種類!
自宅が傷んできて、外壁を塗り直そう!そう思った時に、意外にたくさんありすぎて、どうやって選んだらよいか迷ってしまうのが塗料の種類。外壁塗装のいろいろな塗料がある諸事情について解説しています。
外壁塗装の必要性とタイミング
外壁塗装にはどんな機能があって、塗られているものなの?ここでは、外壁塗装の装飾機能、家を守る機能や塗装のタイミングなどについて解説しています。
外壁を塗り直したいと思った時にやるべきこと
家の新築から年数が経って、そろそろ外壁が傷んできたかな…そう思った時にまずはやるべきことにどんなものがあるのかについてわかりやすく解説しています。
外壁塗装をdiyで行う方法や手順等の詳細について
外壁塗装は業者に依頼するだけでなく、自分で塗り直すという選択肢もあります。ここでは、自分の技術で塗り直そうと思った時DIYで行う手順等の詳細についてわかりやすく解説しています。
外壁塗装を塗り直す時期はいつ?
家が古くなって、外壁がいたんで補修が必要になるのはいつくらいなの?ここでは、外壁塗装を塗り直すのは新築やリフォームからどれくらい経ったら必要になるのかを解説しています。
外壁を塗り直しする際に参考となるシミュレーション
外壁が傷んできて、そのままにしておくと家にダメージが与えられるようになり、家の内部を痛めてしまいます。それを防ぐため、外壁を塗り直す際に役立つシミュレーションについてわかりやすく解説しています。