外壁塗装の必要性とタイミング

MENU

外壁塗装の必要性とタイミング

外壁塗装の必要性とタイミング

マイホームを購入し、定期点検の時に外壁が劣化しているのでそろそろ塗り替えを見当した方がよいと言われたり、同じ時期にたった家が塗り替えをしている場合には、外壁塗装の塗り替えをした方がよいのか迷っている人も少なくないはずです。

 

戸建て住宅の場合、新築時から7から10年ほどで外壁の汚れや劣化が出始めてきます。これはどのような素材のものでも必ずでてくるもので、タイミングの違いはありますが、塗り替えは必要となってきます。

 

外壁の塗装の本来の目的は、建物の保護です。塗装というと、美観を保つという目的もありますが、それ以上に大切な住まいを長く守るということが本来の目的で、塗装によって防水し、建物も寿命を延ばすことができます。

 

建物というのは、毎日紫外線を浴び、雨風によって塗膜は日々劣化していきます。これを放置していると、雨漏りが起こったり、下地の柱を腐らせてしまうことにもつながってしまいます。

 

この建物を持っている塗膜は、新築時に使用されている塗料で5から7年、塗り替え時に使用している塗料で10年ほどしか寿命がありません。日本の住宅の平均寿命は、約30年と言われていますから、その間何度か塗り替えをおこなわないと、塗膜が劣化してしまい、外壁材などが、直接紫外線や雨を受けてしまうことになり、徐々に浸食されてしまいます。

 

そのため、大切な住まいを守っていくには、数回の塗り替えが必要となってきます。一般的な戸建て住宅では、新築時から10から15年で塗り替えが必要とされています。ただ、10年経ってしまった場合には、劣化症状が見られることも多いため、長持ちさせるには7年ごとに塗り替えを行うのが最適といえます。

 

塗膜の劣化は、まず最初に艶がなくなっていき、色が変色し、外壁の表面をさわると白い粉がつく、藻・こけができてくる。ひび割れの発生、塗膜のはがれなどのように劣化が起こってきます。

 

塗替えのタイミングはいつ?

 

外壁の表面をさわると白い粉がつくのは、塗膜が劣化して防水性が切れたサインです。また防水性が切れることで、水分を含みやすくなるため、藻やこけが発生してしまいます。塗り替えのタイミングとしては、白い粉がでたり、藻やこけが出てきた頃の段階で行うのが最適な時期で、それ以上の段階になってしまうと、下地の補修なども必要となってくるので、塗り替え費用も高額になってきます。

 

外壁塗装が必要かどうかを判断するためには、まず自分でチェックしてみます。

 

外壁塗装の判断ポイント
  • 壁をさわると白い粉がつく。
  • 藻やこけができている。
  • ひび割れがある。
  • シーリングが割れている。
  • 塗膜がはがれてきている。
  • 塗膜が膨れている

 

など、当てはまるものがあった場合には、自分で補修できる場合は補修を行い、進行している場合には、早めに業者に相談してみることをおすすめします。

 

外壁塗装の必要性は、建物の劣化を抑え、保護することです。そのためには、数年に1回の目安で塗り替えが必要となりますが、気をつけないといけないことは業者選びです。世の中には数多くの業者が存在していますが、中には悪質な業者も存在します。

 

悪質な業者に注意しよう

 

最近問題となっているのは、モニター商法と呼ばれるものです。これは悪徳業者が行う営業手法のことで、モニター工事とうたって値段を極端に値引く、足場代をサービスするなど、あらゆる面でお得だと顧客に感じさせて契約させる商法のことです。

 

通常の優良の塗装業者に依頼した場合なら、50から100万円程度でできる工事でも、モニター商法を行っている業者に頼むと、その倍近い値段で契約させられることも少なくありません。

 

こういったモニター商法を行う営業マンの特徴は、印象がよく、人がよさそうな顔をしています。また、いろいろな言葉で顧客を信用させ、最初に200万円暗いの見積もりを出してから、100〜150万円くらいまで値引きを行い、契約を迫ってきます。

 

こういったトラブルに巻き込まれないためにも、モニター商法を行っている業者の特長を知り、日頃から気をつけていくことが大切です。特に、外壁の塗装工事の訪問販売は、被害件数が多く、苦情が続出しています。

 

モニター商法は、顧客がだまされやすい話術で誘ってくるのが特徴で、エリア限定でモニターを募集しているので、今なら破格の金額で塗装工事を行うことができるなどといい、興味を誘ってきます。

 

多くの場合、忌日は明日までなど緊急性があるようにいい、今なら足場代を無料、自社制作の塗料を使用するので激安でできる。今なら半額で工事を行うなどといってきますが、こういったことはほぼ100パーセントといっていいほどありえません。

 

モニター商法の誘いの手口
  • 外壁の劣化が進んでいる。
  • 雨漏りが発生している部分がある。
  • 今塗り替えないと大変なことになる

 

などという3つのうたい文句で顧客の心理を誘うように促してきます。

 

顧客を急がすような契約は、優良な業者は絶対に行いませんし、モニター商法の大半は、訪問販売を行っている営業の会社で、工事を請け負ったら下請けに丸投げして施工を委託しますから、技術力など全くありません。

 

通常なら、施工後の保障やメンテナンスがありますが、モニター商法の業者にはいっさいありませんし、工事が終われ縁が切れてしまいますから、数年で塗膜が劣化したというケースも少なくありません。こういったモニター商法にひっかからないためには、複数の業者から見積もりをとって、細かく確認していき、冷静に判断することが大事です。

 


関連ページ

多すぎて解らない!?外壁塗装に使う塗料の種類!
自宅が傷んできて、外壁を塗り直そう!そう思った時に、意外にたくさんありすぎて、どうやって選んだらよいか迷ってしまうのが塗料の種類。外壁塗装のいろいろな塗料がある諸事情について解説しています。
外壁塗装の耐用年数の基礎知識
外壁塗装は新築からどれくらい経てば限界がくるの?そろそろ傷んできたかなと思う前に知っておきたい外壁塗装の耐用年数について解説しています。
外壁を塗り直したいと思った時にやるべきこと
家の新築から年数が経って、そろそろ外壁が傷んできたかな…そう思った時にまずはやるべきことにどんなものがあるのかについてわかりやすく解説しています。
外壁塗装をdiyで行う方法や手順等の詳細について
外壁塗装は業者に依頼するだけでなく、自分で塗り直すという選択肢もあります。ここでは、自分の技術で塗り直そうと思った時DIYで行う手順等の詳細についてわかりやすく解説しています。
外壁塗装を塗り直す時期はいつ?
家が古くなって、外壁がいたんで補修が必要になるのはいつくらいなの?ここでは、外壁塗装を塗り直すのは新築やリフォームからどれくらい経ったら必要になるのかを解説しています。
外壁を塗り直しする際に参考となるシミュレーション
外壁が傷んできて、そのままにしておくと家にダメージが与えられるようになり、家の内部を痛めてしまいます。それを防ぐため、外壁を塗り直す際に役立つシミュレーションについてわかりやすく解説しています。