外壁塗装を塗り直す時期はいつ?

MENU

外壁塗装を塗り直す時期はいつ?

外壁塗装を塗り直す時期はいつ?

風雨や空気による酸化、害虫・害獣などのさまざまな被害から外壁を守ってくれる塗装。お家のリフォームと違って、外壁の耐用年数って意外と分かりにくいものです。目安として10年とは言われていますが、正確な時期って一体どのくらいなのでしょうか?ここでは、壁面の塗装を塗り直すタイミングについて解説していきます。

 

一般的に言われているのは、先程も申し上げた通り、家を建ててから・建材に塗ってから10年後というのが大きな目安となります。中には6?7年で塗り直したという例もありますが、これは放置していて自然に発生した経年劣化というよりも、建材業者が建築の際・塗装する際に、土台を十分施工していなかったり、正しい塗装回数(3回塗りを重ねる)を踏んでいなかったりといった、悪質な業者をつかんだ可能性が高いです。

 

基本的には10年、もって15年ということも十分ありえますので、もし早めに塗装の必要が出た場合は前回頼んだ業者は避けた方が良いかもしれません。

 

耐用年数っていったい何?

 

もう少し、耐用年数に関して掘り下げていきましょう。まず、立地条件によって塗装がもつ年数・寿命は変化します。海の近くと山の近くでは、圧倒的に塩の被害を受けやすい海側の方が劣化は早まります。

 

また、豪雪地帯や雨量の多い地域、気温の高低差が激しい地域でも同じく寿命は短くなってしまいます。邸宅の環境にも深く影響されます。日当たりが良い家、ビルが立ち並びビル風が吹きすさぶ場所、湿気が多い場所といったように、お家が晒される環境によっても塗装材のもちに大きく関わってきます。

 

また、建物の構造による違いでも年数は変わってきます。木造・モルタル壁・サイディングなど、土台となる建材によっても変わります。そういった、色んな要素を踏まえた上で、次の塗装材ごとの耐久年数を参照してください。

 

何より、塗装の素材による耐用年数の違いは、お家を建てる前にぜひ覚えておきたいところ。既に建ててしまった、という方も次に用いる塗装材に影響してくるのでぜひ参考にしておいてください。

 

塗料の種類とその特徴

 

現在主に使用されている塗装材の種類はアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の4種類。耐用年数はアクリルから順番に5?8年、8?10年、10?15年と順番に増えていき、フッ素樹脂塗料においては15?20年はもつとされています。

 

ただ、上記の結果から分かるように、アクリル樹脂塗料においては、耐用年数の少なさに問題があるため、昔は使われていましたが現在ではほとんど使われなくなりました。

 

また、8?10年もつとされているウレタン塗料に関していえば、その特性により金属部分への塗装には重宝されるものの、同じくあまり使われていません。また、フッ素樹脂塗料に至っては耐用年数が高く魅力的ですが、コストが高く実用的ではないため、こちらも一般家庭の邸宅にはあまり使われていません。

 

そのため、主流となるのは10?15年もつシリコン塗料ということになります。冒頭で述べた、目安の10年とは、正確に言えば「ほとんどの邸宅で使用されているシリコン塗料がもつ期間が(最低)10年」という意味になるわけですね。5年分少なめに記述しているのは、お家の環境・立地条件によって前後するため、少なめに見積もって10年という数字が一般的になっているということになります。

 

ちなみに、築5年?7年を過ぎた頃から、リフォーム会社などの営業訪問が増えると思いますが、その際に注意したいのが「うちの塗装は30年もちます」といった売り文句。

 

ここで学んだ方なら騙されないことと思いますが、あえてもう一度言うと、一般的な邸宅では高コストすぎて使用しにくいフッ素樹脂塗料ですら、耐用年数は15年、もって20年です。それを軽々超える30年なんてありえません。そんな技術を独自開発している会社があれば、全国的なニュースになって、多くのところでガンガン採用されていることでしょう。どこの馬の骨とも分からない、地方の企業が安価で提供できるものではないのです。もし、ご近所の方やご友人で騙されかけている方がいらっしゃったら、ぜひ教えてあげてください。

 

さて、目安は10年と申しましたが、具体的にはどうなっていれば塗り替えが必要なのでしょうか。実は、素人でも目視で判断できるポイントがたくさんあります。まずは、外壁にカビや藻が発生していたり、色あせていたりといった、経年劣化。次に、壁の塗料の剥離やヒビ、塗装面の浮きが見られた際もやはり危険信号と思ってください。

 

室内で雨漏りがしたり、窓際の水もれが多くなってきた場合も、塗装面が劣化してきた際に多い症状です。お家のトラブルがあった際に、ぜひ壁も疑ってチェックするようにしましょう。

 

最後に、塗り替えは仕方ないとしても、できれば耐用年数を長く延ばしたいとみんな思うはず。そこで、メンテナンス方法も併せてご紹介します。まずは、定期的に掃除すること。カビや藻が生えてきたり、汚れだしたらきれいにしておきましょう。

 

放置すると、塗料自体を浸食する恐れがあるからです。また、基本的ですが、新築・リフォームの際に塗装をきちんと行ってもらうようにすること。業者の作業時に必ず立ち会うとか、依頼の際に詳しいことをアピールして油断のならない客と認識させるなど、プレッシャーをかけると良いですね。

 

そして、定期的に信頼できる業者に来てもらってメンテナンスを施す、という当たり前なことばかりですが、いずれも非常に大事です。長く安心して住まうために、日々のチェック・メンテナンスを怠らないようにしましょう。

 


関連ページ

多すぎて解らない!?外壁塗装に使う塗料の種類!
自宅が傷んできて、外壁を塗り直そう!そう思った時に、意外にたくさんありすぎて、どうやって選んだらよいか迷ってしまうのが塗料の種類。外壁塗装のいろいろな塗料がある諸事情について解説しています。
外壁塗装の耐用年数の基礎知識
外壁塗装は新築からどれくらい経てば限界がくるの?そろそろ傷んできたかなと思う前に知っておきたい外壁塗装の耐用年数について解説しています。
外壁塗装の必要性とタイミング
外壁塗装にはどんな機能があって、塗られているものなの?ここでは、外壁塗装の装飾機能、家を守る機能や塗装のタイミングなどについて解説しています。
外壁を塗り直したいと思った時にやるべきこと
家の新築から年数が経って、そろそろ外壁が傷んできたかな…そう思った時にまずはやるべきことにどんなものがあるのかについてわかりやすく解説しています。
外壁塗装をdiyで行う方法や手順等の詳細について
外壁塗装は業者に依頼するだけでなく、自分で塗り直すという選択肢もあります。ここでは、自分の技術で塗り直そうと思った時DIYで行う手順等の詳細についてわかりやすく解説しています。
外壁を塗り直しする際に参考となるシミュレーション
外壁が傷んできて、そのままにしておくと家にダメージが与えられるようになり、家の内部を痛めてしまいます。それを防ぐため、外壁を塗り直す際に役立つシミュレーションについてわかりやすく解説しています。