外壁を塗り直しする際に参考となるシミュレーション

MENU

外壁を塗り直しする際に参考となるシミュレーション

外壁を塗り直しする際に参考となるシミュレーション

外壁を塗り直したい時、色を変えたいという場合がありますが、そのようなケースでは事前のイメージングが肝心です。例えば、パソコンを使ってシミュレーションを行えば、施工後に希望した色と違う、もっと明るい方が良かった、といった不満が発生しにくくなります。

 

この方法のポイントは、画面内に作られた簡易的なCGではなく、実際に撮影された写真を元にして、色付けが行なわれる点にあります。現在の写真に対し、様々な色を試すことが出来ますから、変更が難しい施工を行う前の確認に最適です。

 

外壁に傷みを確認したり、塗り直しを検討するのであれば、シミュレーションを活用することがおすすめです。大切なのは、施工を始める前に、施工後の色が想像出来ることなので、正確なイメージングが求められます。

 

シミュレーションはどう進める?

 

従来の施工は、塗料のカラーサンプルを参考にして、その中から希望に近い色を選ぶことが一般的でした。しかしこのやり方だと、正確な塗料の色合いであったり、光沢や質感を確認するのは困難です。

 

一方のシミュレーションは、手で触れる質感は再現出来ないとしても、色合いや光沢の程度を確認することは可能です。他の利点としては、塗り直しが必要となるリスクが減ること、そしてその際に発生するコストが避けられる二つがあります。

 

前者のメリットは、外壁の施行回数の増加に加え、業者とのトラブルも避けられるので、重要性が高い利点といえます。後者に関しては、万が一コストの追加が必要となると、施行回数に一回あたりの費用を掛けた負担が発生するので、それが避けられるのは魅力的です。

 

これはある意味で、最悪のケースと思われますが、場合によっては現実的に、やり直しが発生することは十分に考えられます。やり直しのリスク回避に限らず、一回で理想的な住宅の外観を手に入れる為にも、事前の入念なチェックは欠かせません。

 

住宅の完成に最も近いのは、全ての施工が完了した実物ですが、完成してから確認するのは不可能です。そこで業者は、こういったパラドックスを解消する目的で、カラーサンプルと完成予想図を提供しています。

 

カラーサンプルは、従来から使われているアイテムの一つで、日本語では色見本帳と呼ばれます。カラーサンプルを使う利点は、大まかな色の比較が行いやすく、選択に迷う可能性を減らせることです。

 

ただ、あくまでも印刷物に過ぎないので、完成した住宅の外観とは違う、というクレームが発生することがあります。このような問題が起こる原因には、塗料の質感と施工の仕上がりにあり、光の当たり方でも容易に、見た目が変化する点が挙げられます。

 

単色かつ紙に印刷されたカラーサンプルでは、平面的で実物に近い確認は難しいですから、より具体的な施工前の確認が必要となります。これらの悩みに応えたり、解決の手法を提示してくれたのが、まさにパソコンを始めとしたソフトウェアです。

 

パソコンを活用したシミュレーション

 

パソコンのメリットは、画面上で写真を合成出来たり、何度やり直しても高額なコストが発生しないことです。近年では、業者向けの本格的なソフトウェアだけではなく、一般ユーザー向けのスマートフォンアプリも登場しています。

 

業者向けのソフトウェアは、とても高額で気軽には試せませんが、一定以上の規模の業者であれば、導入済みで利用出来る可能性が高まります。つまり、塗装業者に相談を持ちかけ、施工前の確認をお願いすることが出来れば、色選びに失敗する恐れが小さくなることを意味します。

 

ところが、色の確認は正しく行わないと、不正確な結果が出てしまうので、手を抜かない業者を選ぶことが重要です。中途半端な色の確認は、かえって実物と掛け離れた結果を導き兼ねませんから、それならばやらない方がまだマシといえるでしょう。

 

施工が満足に近付く最初の条件は、事前の確認に好意的な反応を示し、積極的な協力姿勢を見せてくれる、そういった業者を選択することです。基本的な条件を外してしまうと、希望した施工の流れは実現しにくくなり、結果的にも満足とは程遠い所に着地してしまいます。

 

条件の二つ目は、ソフトウェアを使いこなす技術があり、分かりやすい結果を出してもらえることです。正確な色の確認が可能だとしても、業者だけ理解するのは本末転倒ですから、依頼者側と情報を共有したり、納得の完成予想図も共有出来ることが理想的です。

 

最後の必須項目は、業者が特定の確認方法だけでは不十分と理解していたり、情報の不足部分を他の方法で、可能な限り補おうとする姿勢です。単体のカラーサンプルは、それ自体が完璧な色の再現を行うのは無理なので、求められる要求に対し、十分な役割を果たすのは難しいでしょう。

 

これは、パソコンを使った方法にも当てはまりますが、正確性に限るのであれば、こちらの方が予想図の完成度は上回ります。更に、切り出された壁材に、本物の塗料が塗られたサンプルが追加されれば、確認作業は満足に足る結果に結び付きます。

 

現実では、ここまで配慮出来る業者は限られるので、パソコンやスマートフォンを使い、出来るだけ完成予想に役立つ、事前の確認を提供する業者に協力を求めることが大切です。

 


関連ページ

多すぎて解らない!?外壁塗装に使う塗料の種類!
自宅が傷んできて、外壁を塗り直そう!そう思った時に、意外にたくさんありすぎて、どうやって選んだらよいか迷ってしまうのが塗料の種類。外壁塗装のいろいろな塗料がある諸事情について解説しています。
外壁塗装の耐用年数の基礎知識
外壁塗装は新築からどれくらい経てば限界がくるの?そろそろ傷んできたかなと思う前に知っておきたい外壁塗装の耐用年数について解説しています。
外壁塗装の必要性とタイミング
外壁塗装にはどんな機能があって、塗られているものなの?ここでは、外壁塗装の装飾機能、家を守る機能や塗装のタイミングなどについて解説しています。
外壁を塗り直したいと思った時にやるべきこと
家の新築から年数が経って、そろそろ外壁が傷んできたかな…そう思った時にまずはやるべきことにどんなものがあるのかについてわかりやすく解説しています。
外壁塗装をdiyで行う方法や手順等の詳細について
外壁塗装は業者に依頼するだけでなく、自分で塗り直すという選択肢もあります。ここでは、自分の技術で塗り直そうと思った時DIYで行う手順等の詳細についてわかりやすく解説しています。
外壁塗装を塗り直す時期はいつ?
家が古くなって、外壁がいたんで補修が必要になるのはいつくらいなの?ここでは、外壁塗装を塗り直すのは新築やリフォームからどれくらい経ったら必要になるのかを解説しています。