安心して依頼できる外壁業者の選び方

MENU

安心して依頼できる外壁業者の選び方

安心して依頼できる外壁業者の選び方

外壁塗装は、大切なマイホームを守る工事で、目視ではわからなくても、5〜10年が経つと、塗膜が劣化してしまい、防水機能が落ちてしまいます。

 

これから外壁塗装会社を選定する際には、

 

  • 所在がはっきりしているかどうか。
  • 地元で実績のある会社を選び、しっかりとした施工実績があるか。
  • 必要な資格や許可を有しているか。
  • 保証やアフターフォローが充実しているか。
  • 見積書を提出する前に、時間をかけて建物も事前調査を行っているか。
  • 顧客の要望や目的にあわせて最適な提案をしてくれるか。
  • 建物診断から施工までを自社で一貫した対応が可能な業者かどうか。
  • きちんと建築関連法規や消費者契約法などの法令を遵守しているかどうか。
  • 見積書に使用塗料などをきちんと記載し、内容をしっかりと説明できるかどうか

 

などが、塗装会社を選定する際には重要なポイントなります。外壁塗装は、見た目の美しさだけではなく、建物を保護することがもっとも重要な役割となっています。

 

塗装を検討する時に、多くの人が悩むのがどこに相談するか、見積もりを数社とったけど、どこがいいのかなどの塗装会社選びではないでしょうか。

 

よく、チラシなどもポストに入っていることがありますが、金額や期間、使用している塗料など、専門的なことはわからないという人も多いのではないでしょうか。もちろん、塗装をするなら安いに越したことはないと誰もが思うことですが、ただ、費用だけをみて塗装会社を選ぶのは、少し待った方がよいでしょう。

 

戸建て住宅でもっとも多い不具合部位は、屋根などに関するトラブルで、雨漏りや壁のひび割れなどの原因の多くは、塗装工事です。塗装の工事は、トラブルが起こりやすく、失敗しやすい部位でもありますから、値段だけで業者を決めてしまうと、後々トラブルの原因となってしまいます。

 

どうしてトラブルが多いのかというと、塗装工事は、完成した形を見られるのは、施工が終わったあとになってしまいますから、塗装会社からいわれたことを信じるしかありません。塗装会社の中には、手抜き工事をするような悪質なところもありますし、専門的な知識がないまま、経験だけで工事を行っている業者も、少なくありません。

 

そういった会社を選んでしまうと完成した後にトラブルになってしまうことがあります。トラブルのほとんどは、専門的な知識や技術が必要になり、なにが正しいのかわからないので費用の安い会社に依頼し、ずさんな施工をされてしまったなどです。また、近年増えているのが、モニター商法という訪問販売です。突然とびこみで塗装会社の営業マンがきて、今ならモニター価格で、通常の半額で壁の塗る替えができるなどといい、即決をせまってくるというものです。

 

モニター商法には注意!

 

多くの場合、塗装工事についての知識を専門的に持っている人はいませんから、塗装会社のいいなりに、契約してしまうというものです。このモニター商法の一番の問題は、通常価格の半額といっていますが、もともと提示した通常価格が、相場よりも高いことが多く、半額になったからといっても相場に比べると高いケースが少なくありません。

 

このときの営業マンは今なら足場代を無料、自社制作の塗料を使うため、激安でできる。モニター価格の期限は明日までなどといってきて、契約をせまってきます。ただ、このような言い回しは、すべて一般の塗装会社ではありえないことばかりですから、こういったセリフを言い始めたら、怪しいと思うようにしましょう。

 

モニター商法は、壁の劣化がひどく進んでいる。今すぐ塗り替えないと、建物が大変なことになる。などと顧客の心理を誘うようにして促してきます。多くの場合、即決を促してきますが、高額な費用がかかる工事ですから、複数の会社から見積もりを取るのが一般的です。

 

人は、相手の言葉に知らず知らずのうちに促されてしまい、暗示にかけられたように、それが正しいと思ってしまう傾向にあります。端からみると、明らかにモニター商法だとわかっても、実際話を聞いていくと、気づかない人がほとんどです。

 

なぜ自分が特別に優遇されているのかと、暗示をかけられているように信じ込んでしまうと、すぐに契約をしてしまいますから、即決することは避けましょう。もし、明日は適用されないため、今日契約するように迫ってきたら、今回は縁がなかったと断るようにしましょう。

 

モニター商法の大半は、訪問販売を行っている営業の会社です。こういった会社は、自社で職人を抱えていませんし、建築に詳しい人間もいてません。そのため、工事を請け負ったら、下請けに丸投げし、利益をピンハネして、下請けに施工をさせるというやり方になりますから、技術力もなく、施工後のメンテナンスや保証などもいっさいありません。

 

そのため、工事が終わってしまえば、縁が切れてしまうため、施工後のトラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。こういったトラブルを回避するためには、信頼できる実績のある地元の塗装会社に依頼するのが安心です。

 


関連ページ

外壁塗装において相場を取るかサービスを取るか
高い買い物をする際には安く済ませるか、良いものを選ぶのか、という選択肢は常に付きまとうものです。外壁塗装の際に、相場を取るかサービスを取るか、その判断のポイントについてわかりやすく解説しています。
外壁塗装をする際には、複数の見積もりをとることが大事
高い出費を要する際には、何も考えずに1社に依頼すると、相場より高い金額を支払うことになるケースは少なくありません。そんな失敗を避けるために、複数の見積りを比較するメリットなどを解説しています。
あらゆる面から比較して利用したい外壁塗装の施工
外壁塗装をすると思った時、いろいろな条件を検討して選択する必要があります。外壁塗装の施工の際、なぜあらゆる面から比較する必要があるのかについて解説しています。
外壁業者を選ぶ時には「店舗に来店」が必須
外壁塗装業者をパット見や口コミだけで安易に決めたりしていませんか?外壁業者を選ぶ時には「店舗に来店」を欠かすべきではない理由について解説しています。